デジタルな時代だけど新聞の必要性

business-man

 

インターネットから様々な情報が手に入れられる世の中だけれど、
敢えて私は新聞を読んでいます。

まずは1週間毎ペースに何社かの新聞を買って、読んでみて、自分に合うものを見つけることが良いと思います。

私は、意見が少し偏っているほうが、「本当にそうなのか?」と考えられる姿勢がつく気がしています。

 

なぜ新聞を購読しているかというと、理由が2つあります。

 

1つは、会社勤めである場合、
上司らの話す情報がわかるようになってきます。

 

ネットで得る情報はついつい、自分の興味のある情報に偏りがちです。

 

ですが、新聞では、トップ3面に「社会的に重要なこと」を載せてくれています。

 

他にも重要な記事にはレイアウトにも場所を取り、わかりやすく示してくれています。

 

 

そして、上司たちが話すような話題もそのようなことなのです。

 

 

ですから、新聞を読んでいると、今までついていけなかった大人の会話についていけるようになります。

 

もう1つの理由は、内容を覚えていられることです。

 

というのも、私はさらにこのデジタル化が進むご時世で記事のスクラップブッキングを行っています。

 

 

手間はかかりますが、これをすることで、単純に手を動かし、ハサミ・のりを使います。
すると、体と同時に脳が何故か覚えている。

 

 

数日後のニュースに「そういえば前はこう言ってなかったっけ?」
と思い出せる回数が格段に増えました。

 

 

以上の理由から、新聞を購読することを強くオススメします。
新社会人にはぴったりのアイテムですね。