コンセントが抜きにくい場合に使いたい便利グッズ

connect

シャンプーしたあとにドライヤーを使う方は多いと思いますが、

コンセントにドライヤーのプラグを差し込んだままにしておく人は少ないと思います。
何かの拍子にドライヤーのスイッチが入ってしまうと危険ですから、私は必ず抜くようにしています。


プラグを差し込むのは簡単なのですが、

抜くときに「ぐぇっ」と声が出そうになるほど抜きにくいことってありませんか?

 

差し込みプラグとコンセントの相性もあるのかもしれませんが、

毎日使うドライヤーなどは、軽く引き抜きたいものです。

 

何か良い方法はないかと思っていたら、

ダイソーでとってもいい物を見つけたのです。

 
その名も「これっ!便利、らくらく抜ける電源アダプター」です。
使い方は簡単です。

 

使用しているドライヤー他、ミキサーでも、除湿器でも、

差し込みプラグが付いている電気製品の先に簡単に装着できます。

 

差し込む時にはさほど変化は感じないかもしれませんが、引き抜く時はビックリしますよ。

 
電源プラグアダプターのオレンジ色のレバーを親指でキュッと軽く押すだけで、

あれほど抜きにくかったプラグがスルッと抜けます。

 

 
注意することは、私と同じようにそそっかしい人は、オレンジ色のレバーを押すときに急いで押すと、

なぜかレバーに指を軽く挟んでしまうことがあるので、その点だけは注意して下さい。